[MAD]作品紹介&制作ツール、作業画面紹介!Part2(フレーム補完編)

今回の作品

1月20日投稿の作品はこちら!
Twitter」「 TikTok」でも紹介してますので覗いてください!

作業画面紹介

ツール

Davinch Resolve 17

Project Edit

今回はスローを入れ、少しでもスロー箇所がぬるぬる動くよう、
再生フレームレートを60fpsにて設定しました。

Edit画面

動画、Music、テキストの切り貼りはこちらのEdit画面で。

冒頭でも説明を入れた通り今回はぬるぬる動かしたかったため、
60fpsでフレームレートを設定してます。

フレーム補完

ただ、このままではぬるぬる動かず、フレーム補正の対応が必要になります!

それがこちら↓ 各クリップ毎(ブロック毎)に設定が必要で、
「Retime and Scaling」のAI機能でフレームを補完していきます!

Fusion画面

テキストのモーションをこちらで追加・編集をしました!
動画EDのテキストはこちらで編集をしています。

Color画面

作品のカラーリングを行う画面になります。

Deliver画面

完成した作品の出力画面になります。

関連記事

Davinch Resolve
最新情報をチェックしよう!